〜蛍光表示管技術を応用した新真空管〜


Nutubeは従来の真空管と同じく、アノード・グリッド・フィラメントの構造を持ち、完全な3極真空管として動作し、また従来の真空管と同様、真空管特有の豊かな倍音を生み出します。ノリタケ伊勢電子(株)の蛍光表示管の技術を応用することにより、その構造を工夫し、従来の真空管に比べ、大幅な省電力化、小型化、品質向上に成功しました。

大幅な省電力化を実現

小さな形状にすることにより、大幅な省電力化に成功し、従来真空管の2%以下の電力で動作するため、電池動作も容易

小型

容積比で従来の真空管に対し30%以下

リアル真空管サウンド

3極管構造を有し、真空管独特の心地良いサウンドと優れたリニア特性を実現

高信頼度、長寿命

日本製、連続期待寿命 30,000時間

最新情報

「ポタフェス2017(北海道・札幌)」出展情報
イベント

「ポタフェス2017(北海道・札幌)」出展情報

今年も全国各地で開催中の「ポタフェス」。3/11は札幌での開催です。コルグはDS-DAC-10Rや話題のNutubeを使ったヘッドホン・アンプの試作機などを持ち込みブース出展しますので、ぜひご来場ください。(入場無料)

日時:2017年3月11日(土) 11〜18時
会場:TKPガーデンシティ札幌駅前(アパホテルのビル)
カンファレンスルーム5A+5B ホール5C
〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西2丁目19番
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-sapporo/
https://goo.gl/maps/m5YJrYRsX2u
公式サイト:https://www.paudiofes.com/

 

「第2回MJオーディオフェスティバル」Nutube出展情報
イベント

「第2回MJオーディオフェスティバル」Nutube出展情報

3月12日(日)、損保会館で実施されるオーディオクラフトの祭典「MJオーディオフェスティバル」に出展致します。
新忠篤氏製作Nutube搭載フォノEQアンプのデモを、なんと、ご本人の解説付きで実施!
他、同氏製作トーンコントロール付きラインアンプや、プロコムパーツドットコム製作による、お弁当箱ポータブルアンプ「OLDTIME NUTUBE」、もちろんコルグ製作によるパワーアンプ等々、Nutube搭載試作機が大集合!

さらに、11時〜13時の間、404号室(レッドステージ)で行われる金田明彦氏による試聴会では、今月の「MJ無線と実験」に掲載されている同氏製作Nutubeハイブリッドプリアンプのデモも実施されます。
ぜひ、この機会に、Nutubeの実践的な活用例をお確かめ下さい!

■第2回MJオーディオフェスティバル
日時:2017年3月12日(日)11:00~18:00(開場10:30)
場所:損保会館(東京都千代田区神田淡路町2-9)
入場料:1,000円(税込)

コルグ・ブース出展内容(502号室 デモンストレーションゾーン)
・各種Nutube搭載試作機の展示
・Nutube 6P1販売
・新忠篤氏製作Nutube搭載フォノEQアンプ試聴会
12時30分〜12時55分
16時15分〜16時40分

http://www.seibundo-shinkosha.net/mj/

「MJ無線と実験 4月号」に金田明彦氏による製作記事が掲載!
メディア

「MJ無線と実験 4月号」に金田明彦氏による製作記事が掲載!

3月10日発売「MJ無線と実験 4月号」に、金田明彦氏による「電流伝送Nutubeハイブリッドプリアンプ」の製作記事が掲載されました!
初段にNutube 6P1を搭載し、IVC型イコライザー、SiC MOS-FETヘッドフォンアンプ搭載、NiMHバッテリー電源のハイブリッドプリアンプです!
ぜひ、チェックしてみて下さい!!

「MJ無線と実験 4月号」の詳細はこちら

SoundPotion x KORG Nutube x ポタ研!
イベント

SoundPotion x KORG Nutube x ポタ研!

2月18日(土)、中野サンプラザで実施される「ポタ研2017冬」のSoundPotionブースに、NuTubeを使った自作ヘッドホンアンプが集合します!
しかも、ポタ研にNutube自作アンプを出展されたユーザーの皆様にNutubeをおひとつプレゼント!
またフジヤエービック販売ブースでは当日Nutubeをご用意し、会場即売を致します!
Nutube使用アンプを聴いて気に入った自作マニアの方、ぜひどうぞ。

■イベント情報はこちら

■Nutube自作ヘッドホンアンプの出展方法はこちら

KORG

株式会社コルグは、1963年の創業以来、一貫して電子楽器の製造に取り組み、日本でのシンセサイザー開発をいち早く手がけるほか、1975年には世界初針式メーターを採用したコンパクト・チューナーを発表するなど、「KORG」ブランドの下に、独自の創造性と技術力を駆使した常に時代をリードする画期的な製品を世界各国で発表してまいりました。特にシンセサイザーにおいては、その高いサウンド・クオリティ、機能性で国内外のトップ・ミュージシャンはじめ、多くの音楽ファンから支持を得ています。現在では、シンセサイザー、チューナーのみならず、DJ/ダンス関連製品、エフェクター、レコーダーから、デジタル・ピアノまで幅広いジャンルの製品を企画開発しています。


ノリタケ伊勢電子株式会社

ノリタケ伊勢電子株式会社は、株式会社ノリタケカンパニーリミテドのグループ会社で1966年に伊勢電子工業株式会社(Ise Electronics Corp.)として設立され、世界で初めて蛍光表示管(itron VFD)を世に送りだしました。そのユニークな技術は、Electronics Magazineにより世界中に紹介され、大きな反響を呼びました。最初に開発された丸型の一桁の表示管は、電卓の発展に大きく寄与し、その後、平型の多桁のものが開発されると、その用途は、タイプライター、家電、オーディオ、産業機器、医療機器など様々な分野に広がりました。
2003年に現在のノリタケ伊勢電子株式会社(Noritake itron)と社名を変更し、これまで以上に独創的な新技術・新商品の開発に注力しています。