〜蛍光表示管技術を応用した新真空管〜


Nutubeは従来の真空管と同じく、アノード・グリッド・フィラメントの構造を持ち、完全な3極真空管として動作し、また従来の真空管と同様、真空管特有の豊かな倍音を生み出します。ノリタケ伊勢電子(株)の蛍光表示管の技術を応用することにより、その構造を工夫し、従来の真空管に比べ、大幅な省電力化、小型化、品質向上に成功しました。

大幅な省電力化を実現

小さな形状にすることにより、大幅な省電力化に成功し、従来真空管の2%以下の電力で動作するため、電池動作も容易

小型

容積比で従来の真空管に対し30%以下

リアル真空管サウンド

3極管構造を有し、真空管独特の心地良いサウンドと優れたリニア特性を実現

高信頼度、長寿命

日本製、連続期待寿命 30,000時間

最新情報

Nutube開発者と語る座談会 × Nutube真空管ポータブルヘッドホンアンプ作成ワークショップ
イベント

Nutube開発者と語る座談会 × Nutube真空管ポータブルヘッドホンアンプ作成ワークショップ

12月2日(土)、新宿マルイ メン特設エリアにて開催されるワークショップ。当日はフリーディスカッションのコーナーもありますので、Nutubeの詳細が知りたい方や疑問に思っていることにもお答え致します。みなさまのご参加、お待ちしております。

第1部:「真空管アンプの魅力」を語る座談会
【講師】
遠山雅利(株式会社コルグ  Nutubeグループ マネージャー)
蛭田博幸(株式会社コルグ 営業開発室 室長)

第2部:Nutubeでヘッドフォンアンプを作ろう!

■日時
2017年12月2日 第1部:13:00~14:30、第2部:14:45~18:00
■参加人数
第1部:16名程度まで、第2部:6名程度まで
■参加費
3,000円 材料費:19,800円
■場所
新宿 マルイメン 8F イベントエリア 「GADGET CUBES」

詳細はこちら
http://nano-pro.jp/school/archives/3172

MAX AUDIO 主催「第31回AUDIO&VISUAL FAIR」に出展!Nutube試作機の試聴会等も実施!
イベント

MAX AUDIO 主催「第31回AUDIO&VISUAL FAIR」に出展!Nutube試作機の試聴会等も実施!

11月3日から北九州市で開催されるMAX AUDIO 主催「第31AUDIOVISUAL FAIR」にコルグも出展!

今回は、10月にアメリカ・デンバーで開催された世界的オーディオ・イベントである「Rocky Mountain Audio Fest」でも話題になったNutubeフォノイコライザー(試作品)、Nutubeパワーアンプ(試作品)を特別に展示。さらに最終日には、試作品の製作者でもあるオーディオ研究家の新忠篤氏を招き、解説付きでLP/SP盤の試聴会も実施します。他、DS-DAC-10R、ケース付Nutubeヘッドホン・アンプ・キットを展示及び販売と盛り沢山の内容でお届けします。

MAX AUDIO 主催 第31AUDIOVISUAL FAIR

日時:113日(金・祝)~115日(日) 10:0019:00

場所:AIMアジア太平洋インポートマート3F特設会場

http://www.maxaudio.co.jp/fair/2017a.html

■コルグ・イベント情報

Nutubeを搭載したフォノイコライザー とパワーアンプ でアナログ(LP/SP)を聴く

11月5日(日)11:30〜

講師:新忠篤

レコード会社クラシック録音プロデューサーとして LP/CD制作の豊冨な経験を持つ。日本コロムピア、日本フォノグラムを経て、元 PHILIPS CLASSICS 副社長、music shop グディーズ発売歴史的名演奏の復刻 CDR 「ダイレクトトランスファー」制作。雑誌連載「管球王国」 「ラジオ技術」著作「古典球アンプの作り方楽しみ方1、2、3、4」「オーディオ徒然草壱、弐」

「秋のヘッドフォン祭2017」にて、ケース付Nutubeヘッドホン・アンプ・キットを販売!
イベント

「秋のヘッドフォン祭2017」にて、ケース付Nutubeヘッドホン・アンプ・キットを販売!

11月3日から中野サンプラザにて開催される「秋のヘッドフォン祭2017」にコルグも出展。ケース付Nutubeヘッドホン・アンプ・キットの展示及び販売も実施します。そのほか、DS-DAC-10RiAudioGateの試聴コーナーもあります。皆様のお越しをお待ちしております。

※電池は付属しません

 

組み立てイメージ

秋のヘッドフォン祭2017

日時:11月3日(金・祝) 11:0019:0011月4日(土) 10:3018:00

場所:中野サンプラザ 15F エトワール(東京都中野区)

http://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php#access

イベント詳細はこちら

KORG

株式会社コルグは、1963年の創業以来、一貫して電子楽器の製造に取り組み、日本でのシンセサイザー開発をいち早く手がけるほか、1975年には世界初針式メーターを採用したコンパクト・チューナーを発表するなど、「KORG」ブランドの下に、独自の創造性と技術力を駆使した常に時代をリードする画期的な製品を世界各国で発表してまいりました。特にシンセサイザーにおいては、その高いサウンド・クオリティ、機能性で国内外のトップ・ミュージシャンはじめ、多くの音楽ファンから支持を得ています。現在では、シンセサイザー、チューナーのみならず、DJ/ダンス関連製品、エフェクター、レコーダーから、デジタル・ピアノまで幅広いジャンルの製品を企画開発しています。


ノリタケ伊勢電子株式会社

ノリタケ伊勢電子株式会社は、株式会社ノリタケカンパニーリミテドのグループ会社で1966年に伊勢電子工業株式会社(Ise Electronics Corp.)として設立され、世界で初めて蛍光表示管(itron VFD)を世に送りだしました。そのユニークな技術は、Electronics Magazineにより世界中に紹介され、大きな反響を呼びました。最初に開発された丸型の一桁の表示管は、電卓の発展に大きく寄与し、その後、平型の多桁のものが開発されると、その用途は、タイプライター、家電、オーディオ、産業機器、医療機器など様々な分野に広がりました。
2003年に現在のノリタケ伊勢電子株式会社(Noritake itron)と社名を変更し、これまで以上に独創的な新技術・新商品の開発に注力しています。