メディア

各メディアでの紹介情報をまとめました。

MEDIA

電流伝送Nutubeハイブリッドプリアンプ製作記事[前編](製作者:金田明彦) 
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2017年4月号」2017.3.10)

新世代真空管「Nutube 6P1」の自作アンプがポタ研2017に集結
(週刊アスキー 2017.2.28)

新世代真空管Nutubeを使う!聴く!学ぶ!KORG / Nutube BUILDER SUMMITイベント・レポート
(デジマート・マガジン 2017.2.27)

「Nutubeビルダー・サミット」に行ってきました!
(きになるおもちゃ 2017.2.8)

Nutube 6P1/トーンコントロール付きラインアンプANuLA1製作記事(製作者:新 忠篤) 
(ステレオサウンド刊「管球王国 2017年冬号」2017.1.25)

Nutube 6P1/連続可変カーブ型フォノイコライザーアンプANuEQ1製作記事(製作者:新 忠篤) 
(ステレオサウンド刊「管球王国 2016年秋号」2016.10.25)

Nutube 6P1ヘッドフォンアンプ製作記事(製作者:長島 勝) 
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2016年11月号」2016.10.8)

Nutubeを使ったヘッドフォンアンプの製作
(電波新聞社刊「電子工作マガジン 2016 AUTUMN 」2016.9.19)

身近になった電子工作で変わる日常。「Maker Faire Tokyo 2016」”ものづくりの最前線”リポート
( Stereo Sound ONLINE 2016.8.16)

いよいよ一般販売開始!コルグの新型双3極管 Nutube 6P1
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2016年9月号」2016.8.10)

モノ作りの祭典<Maker Faire Tokyo 2016>レポ、コルグの新真空管「Nutube」、自作のシンセやMIDIコントローラーが多数出展
(BARKS 2016.8.9)

扇風機やドローンで演奏? ラズパイシンセなど、Maker Faireで見つけた音モノ
( AV Watch  藤本健のDigital Audio Laboratory  2016.8.8)

コルグが開発した新世代の真空管「Nutube」の魅力に迫る(後)
(Stereo Sound ONLINE 麻倉怜士のまるごと好奇心 2016.6.30)

コルグが開発した新世代の真空管「Nutube」の魅力に迫る(前)
(Stereo Sound ONLINE 麻倉怜士のまるごと好奇心 2016.6.27)

KORG 新型直熱真空管Nutubeを試聴する
(アイエー出版刊「ラジオ技術 2016年7月号」2016.6.11)

「ヘッドフォン祭アワード2016春」、Nutubeが技術賞部門の金賞を受賞!
(フジヤエービック 2016.5.24)

超省電力の新たな真空管「Nutube」の音はどう違う? 個人販売も計画中
(AV Watch 藤本健のDigital Audio Laboratory 2016.5.6)

21世紀の真空管「Nutube」の音をヘッドフォン祭で聴く
(週刊アスキー 2016.5.1)

KORGの次世代真空管 Nutubeを搭載したパワーアンプ(試作機)を試聴!
(Rock On Company 2016.4.29)

三重の技術で真空管復活
(NHK津放送局「ほっとイブニングみえ 」 2016.2.27)

謎多き真空管「Nutube」参考展示品の魅力を夢想してみる
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2016.2.20)

真空管「Nutube」が単体販売へ、だが、実装製品の発売は?
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2016.1.23)

超省電力の真空管「Nutube」、ノリタケとコルグが開発。ポータブルオーディオにも
(AV Watch 2016.1.14)

NAMM2016 KORG 次世代真空管 Nutubeを使った製品の登場もいよいよ秒読みの予感!NAMM 2016で新製品発表はあるのか?
(Rock On Company 2016.1.13)

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!
​ (フジヤエービック営業部ブログ 2016.1.13)

真空管アンプを持ち歩ける時代がくる? Nutubeの未来を探る
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2015.3.14)

Nutube開発者はなぜ真空管造りに蛍光表示管を選んだのか
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2015.2.28)

若手エンジニア語る、真空管への思いとNutube試作品の仕様
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2015.2.28)

「真空管はいいことない」―それでも「Nutube」が出た理由
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2015.2.14)