Nutube開発者と語る座談会 × Nutube真空管ポータブルヘッドホンアンプ作成ワークショップ
イベント

Nutube開発者と語る座談会 × Nutube真空管ポータブルヘッドホンアンプ作成ワークショップ

12月2日(土)、新宿マルイ メン特設エリアにて開催されるワークショップ。当日はフリーディスカッションのコーナーもありますので、Nutubeの詳細が知りたい方や疑問に思っていることにもお答え致します。みなさまのご参加、お待ちしております。

第1部:「真空管アンプの魅力」を語る座談会
【講師】
遠山雅利(株式会社コルグ  Nutubeグループ マネージャー)
蛭田博幸(株式会社コルグ 営業開発室 室長)

第2部:Nutubeでヘッドフォンアンプを作ろう!

■日時
2017年12月2日 第1部:13:00~14:30、第2部:14:45~18:00
■参加人数
第1部:16名程度まで、第2部:6名程度まで
■参加費
3,000円 材料費:19,800円
■場所
新宿 マルイメン 8F イベントエリア 「GADGET CUBES」

詳細はこちら
http://nano-pro.jp/school/archives/3172

MAX AUDIO 主催「第31回AUDIO&VISUAL FAIR」に出展!Nutube試作機の試聴会等も実施!
イベント

MAX AUDIO 主催「第31回AUDIO&VISUAL FAIR」に出展!Nutube試作機の試聴会等も実施!

11月3日から北九州市で開催されるMAX AUDIO 主催「第31AUDIOVISUAL FAIR」にコルグも出展!

今回は、10月にアメリカ・デンバーで開催された世界的オーディオ・イベントである「Rocky Mountain Audio Fest」でも話題になったNutubeフォノイコライザー(試作品)、Nutubeパワーアンプ(試作品)を特別に展示。さらに最終日には、試作品の製作者でもあるオーディオ研究家の新忠篤氏を招き、解説付きでLP/SP盤の試聴会も実施します。他、DS-DAC-10R、ケース付Nutubeヘッドホン・アンプ・キットを展示及び販売と盛り沢山の内容でお届けします。

MAX AUDIO 主催 第31AUDIOVISUAL FAIR

日時:113日(金・祝)~115日(日) 10:0019:00

場所:AIMアジア太平洋インポートマート3F特設会場

http://www.maxaudio.co.jp/fair/2017a.html

■コルグ・イベント情報

Nutubeを搭載したフォノイコライザー とパワーアンプ でアナログ(LP/SP)を聴く

11月5日(日)11:30〜

講師:新忠篤

レコード会社クラシック録音プロデューサーとして LP/CD制作の豊冨な経験を持つ。日本コロムピア、日本フォノグラムを経て、元 PHILIPS CLASSICS 副社長、music shop グディーズ発売歴史的名演奏の復刻 CDR 「ダイレクトトランスファー」制作。雑誌連載「管球王国」 「ラジオ技術」著作「古典球アンプの作り方楽しみ方1、2、3、4」「オーディオ徒然草壱、弐」

「秋のヘッドフォン祭2017」にて、ケース付Nutubeヘッドホン・アンプ・キットを販売!
イベント

「秋のヘッドフォン祭2017」にて、ケース付Nutubeヘッドホン・アンプ・キットを販売!

11月3日から中野サンプラザにて開催される「秋のヘッドフォン祭2017」にコルグも出展。ケース付Nutubeヘッドホン・アンプ・キットの展示及び販売も実施します。そのほか、DS-DAC-10RiAudioGateの試聴コーナーもあります。皆様のお越しをお待ちしております。

※電池は付属しません

 

組み立てイメージ

秋のヘッドフォン祭2017

日時:11月3日(金・祝) 11:0019:0011月4日(土) 10:3018:00

場所:中野サンプラザ 15F エトワール(東京都中野区)

http://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php#access

イベント詳細はこちら

Makerの祭典「Maker Faire Tokyo 2017」に今年もNutubeを出展!
イベント

Makerの祭典「Maker Faire Tokyo 2017」に今年もNutubeを出展!

8月5日、6日、東京ビッグサイトで開催されるMakerの祭典「Maker Faire Tokyo 2017」に今年もNutubeを出展!
Nutubeを使用したオーディオ・アンプやギター・アンプなど、実際に試せる試作機を多数展示。技術的にわからないことも、開発者より直接アドバイスをさせていただきます。
また、昨年好評だったヘッドホンアンプKITがさらにパワーアップして再登場。オペアンプMUSES02を搭載したスペシャル仕様で、各日50台の限定販売です。
Maker Faire Tokyoで「Nutube」を手に取り、新しいモノづくりの可能性を広げましょう。

■Maker Faire Tokyo 2017
8月5日(土)12:00〜19:00/8月6日(日)10:00〜18:00
東京ビックサイト 東7ホール スポンサーエリア内 S-09 04
入場料:前売 大人1,100円 18歳以下500円/当日 大人1,500円 18歳以下700円

イベント公式サイト
http://makezine.jp/event/mft2017/

Nutube

 

 

自作オーディオ界の巨匠お二人が手掛けたNutube搭載試作機が体験できる!
イベント

自作オーディオ界の巨匠お二人が手掛けたNutube搭載試作機が体験できる!

5月13、14日の二日間に渡り、東京国際フォーラムで実施されるオーディオの祭典「OTOTEN」内イベントで、Nutubeを搭載した試作機の試聴ができます。
13日(土)は、金田明彦氏製作による「電流伝送Nutubeハイブリッドアンプ」「Nutubeバッテリードライブ ハイブリッドパワーIVC」、14日(日)は、新 忠篤氏製作によるNutubeを6段に配した「フォノEQアンプ」という豪華2本立て!
自作オーディオ界の巨匠お二人が手掛けたNutube搭載試作機が体験できる貴重なこの機会をお見逃しなく!!

〜専門誌セミナー〜
「オーディオDCアンプで聴くハイレゾとアナログ」
日時: 5月13日(土)10:15~11:45
会場:ガラス棟7F「G701」
講師: 金田 明彦氏
主催: 株式会社誠文堂新光社

〜音のサロン〜
「今話題の真空管コルグNutube×6フォノイコライザー」でアナログレコードを聴く
講師: 新 忠篤氏
日時: 5月14日(日)10:15~11:15
会場:ガラス棟6F「G610」
主催: 真空管オーディオ協議会

OTOTEN詳細はこちら

 

「ポタフェス2017(北海道・札幌)」出展情報
イベント

「ポタフェス2017(北海道・札幌)」出展情報

今年も全国各地で開催中の「ポタフェス」。3/11は札幌での開催です。コルグはDS-DAC-10Rや話題のNutubeを使ったヘッドホン・アンプの試作機などを持ち込みブース出展しますので、ぜひご来場ください。(入場無料)

日時:2017年3月11日(土) 11〜18時
会場:TKPガーデンシティ札幌駅前(アパホテルのビル)
カンファレンスルーム5A+5B ホール5C
〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西2丁目19番
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-sapporo/
https://goo.gl/maps/m5YJrYRsX2u
公式サイト:https://www.paudiofes.com/

 

「第2回MJオーディオフェスティバル」Nutube出展情報
イベント

「第2回MJオーディオフェスティバル」Nutube出展情報

3月12日(日)、損保会館で実施されるオーディオクラフトの祭典「MJオーディオフェスティバル」に出展致します。
新忠篤氏製作Nutube搭載フォノEQアンプのデモを、なんと、ご本人の解説付きで実施!
他、同氏製作トーンコントロール付きラインアンプや、プロコムパーツドットコム製作による、お弁当箱ポータブルアンプ「OLDTIME NUTUBE」、もちろんコルグ製作によるパワーアンプ等々、Nutube搭載試作機が大集合!

さらに、11時〜13時の間、404号室(レッドステージ)で行われる金田明彦氏による試聴会では、今月の「MJ無線と実験」に掲載されている同氏製作Nutubeハイブリッドプリアンプのデモも実施されます。
ぜひ、この機会に、Nutubeの実践的な活用例をお確かめ下さい!

■第2回MJオーディオフェスティバル
日時:2017年3月12日(日)11:00~18:00(開場10:30)
場所:損保会館(東京都千代田区神田淡路町2-9)
入場料:1,000円(税込)

コルグ・ブース出展内容(502号室 デモンストレーションゾーン)
・各種Nutube搭載試作機の展示
・Nutube 6P1販売
・新忠篤氏製作Nutube搭載フォノEQアンプ試聴会
12時30分〜12時55分
16時15分〜16時40分

http://www.seibundo-shinkosha.net/mj/

「MJ無線と実験 4月号」に金田明彦氏による製作記事が掲載!
メディア

「MJ無線と実験 4月号」に金田明彦氏による製作記事が掲載!

3月10日発売「MJ無線と実験 4月号」に、金田明彦氏による「電流伝送Nutubeハイブリッドプリアンプ」の製作記事が掲載されました!
初段にNutube 6P1を搭載し、IVC型イコライザー、SiC MOS-FETヘッドフォンアンプ搭載、NiMHバッテリー電源のハイブリッドプリアンプです!
ぜひ、チェックしてみて下さい!!

「MJ無線と実験 4月号」の詳細はこちら

SoundPotion x KORG Nutube x ポタ研!
イベント

SoundPotion x KORG Nutube x ポタ研!

2月18日(土)、中野サンプラザで実施される「ポタ研2017冬」のSoundPotionブースに、NuTubeを使った自作ヘッドホンアンプが集合します!
しかも、ポタ研にNutube自作アンプを出展されたユーザーの皆様にNutubeをおひとつプレゼント!
またフジヤエービック販売ブースでは当日Nutubeをご用意し、会場即売を致します!
Nutube使用アンプを聴いて気に入った自作マニアの方、ぜひどうぞ。

■イベント情報はこちら

■Nutube自作ヘッドホンアンプの出展方法はこちら

ペダル・ビルダーのためのNutube講座、「Nutubeビルダー・サミット」開催!
イベント

ペダル・ビルダーのためのNutube講座、「Nutubeビルダー・サミット」開催!

Nutube自作エフェクター・コンテストの応募作品を一挙公開する「Nutubeビルダー・サミット」開催決定!さらに、Nutube開発チームによるNutube講座も実施します。Nutubeを使用した回路設計に悩んでるペダル・ビルダーの皆さん、良い方法が見つかるかもしれませんよ。そして、先日、VOXより発表されたNutube搭載のギター・アンプ「MV50」もいち早く出展。こちらは試奏もOK!ギター持参での参加もお待ちしております!

詳細はこちら

Nutube搭載ギター・アンプ、MV50発表!
ニュース

Nutube搭載ギター・アンプ、MV50発表!

いよいよ、Nutubeを搭載したギター・アンプがVOXより登場します。

重量わずか540g!小型化、低電圧、省電力と、まさにNutubeの特性を最大限に活かすことにより、この極小サイズのヘッド・アンプが実現しました。もちろん、豊かな倍音成分や音圧感といった真空管サウンドの特長は健在です。

発売は、2017年3月下旬を予定しています。

製品詳細はこちら

MV50_Group

従来の真空管とNutubeの違いを解説した「真空管とは」公開!
ニュース

従来の真空管とNutubeの違いを解説した「真空管とは」公開!

真空管の原理や構造、従来の真空管とNutubeの違いを分かりやすく解説したページ「真空管とは」を公開しました。
現在、「Nutubeで作る自作エフェクター・コンテスト」を開催中ですが、Nutube特設サイトに真空管の原理や構造、従来の真空管とNutubeの違いを解説したページ「真空管とは」を公開しました。
自作エフェクターの経験はあるけど、真空管の動作はちょっと・・・という方もぜひチェックしてみて下さい!!
皆様のご応募、お待ちしております!

コンテスト詳細ページはこちら

Nutubeで作る自作エフェクター・コンテスト開催!
イベント

Nutubeで作る自作エフェクター・コンテスト開催!

抜群に音がいいけど、大きくて壊れやすく、扱いづらい電子部品であったはずの真空管。それを小さく、使いやすい形に再構築した夢の電子部品が“Nutube”。オーディオ・アンプに、ギター・アンプに、考えられる用途は無限大!そんな最新部品を使ってのエフェクター作りに挑戦したい人を大募集します。Nutubeを搭載したストンプ型エフェクターであれば機能はなんでもOK。また、エフェクターの自作は既に行なっているけど、真空管の動作は勉強しないと分からないという方も大丈夫。シンコー・ミュージック刊エフェクター専門誌「The EFFECTOR BOOK」にも登場するプロのペダル・デザイナーたち、執筆陣の協力を仰ぎ、特設サイトにて作例や解説を公開します。それを参考にするもよし、アレンジして設計するのもアリです。もちろん腕に覚えのある実力派からの挑戦も大歓迎です。みなさん、ぜひ自由な発想でチャレンジしてみてください。

詳細はこちら

真空管オーディオ・フェアにNutube試作機を出展!
イベント

真空管オーディオ・フェアにNutube試作機を出展!

真空管愛好家のための親交の場「真空管オーディオ・フェア」についにNutubeが登場します!

■日時:10月9日(日)10時〜19時、10(月・祝)10時〜17時30分

■場所:秋葉原 損保会館

■入場料:¥500(高校生以下無料)

■Nutube出展ブース:501号室 ファルブース内

Nutube AMP試聴会(※ファルブース内で実施)

9日 ①11時〜 ②15時〜

10日 ①11時〜 ②16時〜

※株式会社テクソル・ブース内にてNutubeの販売も実施します。

真空管オーディオ・フェア公式サイト

各メディアでの紹介情報をまとめました。
メディア

各メディアでの紹介情報をまとめました。

MEDIA

バッテリードライブNutubeハイブリットUSB D/Aコンバーター製作記事[前編](製作者:金田明彦) 
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2017年12月号」2017.11.10)

NutubeバッテリードライブハイブリッドパワーIVC製作記事[後編](製作者:金田明彦) 
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2017年6月号」2017.6.10)

NutubeバッテリードライブハイブリッドパワーIVC製作記事[前編](製作者:金田明彦) 
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2017年6月号」2017.5.10)

電流伝送Nutubeハイブリッドプリアンプ製作記事[後編](製作者:金田明彦) 
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2017年5月号」2017.4.10)

全8段増幅!エメラルド真空管ディストーション 
(CQ出版社刊「トラ技Jr.春」2017.4.10)

電流伝送Nutubeハイブリッドプリアンプ製作記事[前編](製作者:金田明彦) 
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2017年4月号」2017.3.10)

新世代真空管「Nutube 6P1」の自作アンプがポタ研2017に集結
(週刊アスキー 2017.2.28)

新世代真空管Nutubeを使う!聴く!学ぶ!KORG / Nutube BUILDER SUMMITイベント・レポート
(デジマート・マガジン 2017.2.27)

「Nutubeビルダー・サミット」に行ってきました!
(きになるおもちゃ 2017.2.8)

Nutube 6P1/トーンコントロール付きラインアンプANuLA1製作記事(製作者:新 忠篤) 
(ステレオサウンド刊「管球王国 2017年冬号」2017.1.25)

Nutube 6P1/連続可変カーブ型フォノイコライザーアンプANuEQ1製作記事(製作者:新 忠篤) 
(ステレオサウンド刊「管球王国 2016年秋号」2016.10.25)

Nutube 6P1ヘッドフォンアンプ製作記事(製作者:長島 勝) 
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2016年11月号」2016.10.8)

Nutubeを使ったヘッドフォンアンプの製作
(電波新聞社刊「電子工作マガジン 2016 AUTUMN 」2016.9.19)

身近になった電子工作で変わる日常。「Maker Faire Tokyo 2016」”ものづくりの最前線”リポート
( Stereo Sound ONLINE 2016.8.16)

いよいよ一般販売開始!コルグの新型双3極管 Nutube 6P1
(誠文堂新光社刊「MJ無線と実験 2016年9月号」2016.8.10)

モノ作りの祭典<Maker Faire Tokyo 2016>レポ、コルグの新真空管「Nutube」、自作のシンセやMIDIコントローラーが多数出展
(BARKS 2016.8.9)

扇風機やドローンで演奏? ラズパイシンセなど、Maker Faireで見つけた音モノ
( AV Watch  藤本健のDigital Audio Laboratory  2016.8.8)

コルグが開発した新世代の真空管「Nutube」の魅力に迫る(後)
(Stereo Sound ONLINE 麻倉怜士のまるごと好奇心 2016.6.30)

コルグが開発した新世代の真空管「Nutube」の魅力に迫る(前)
(Stereo Sound ONLINE 麻倉怜士のまるごと好奇心 2016.6.27)

KORG 新型直熱真空管Nutubeを試聴する
(アイエー出版刊「ラジオ技術 2016年7月号」2016.6.11)

「ヘッドフォン祭アワード2016春」、Nutubeが技術賞部門の金賞を受賞!
(フジヤエービック 2016.5.24)

超省電力の新たな真空管「Nutube」の音はどう違う? 個人販売も計画中
(AV Watch 藤本健のDigital Audio Laboratory 2016.5.6)

21世紀の真空管「Nutube」の音をヘッドフォン祭で聴く
(週刊アスキー 2016.5.1)

KORGの次世代真空管 Nutubeを搭載したパワーアンプ(試作機)を試聴!
(Rock On Company 2016.4.29)

三重の技術で真空管復活
(NHK津放送局「ほっとイブニングみえ 」 2016.2.27)

謎多き真空管「Nutube」参考展示品の魅力を夢想してみる
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2016.2.20)

真空管「Nutube」が単体販売へ、だが、実装製品の発売は?
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2016.1.23)

超省電力の真空管「Nutube」、ノリタケとコルグが開発。ポータブルオーディオにも
(AV Watch 2016.1.14)

NAMM2016 KORG 次世代真空管 Nutubeを使った製品の登場もいよいよ秒読みの予感!NAMM 2016で新製品発表はあるのか?
(Rock On Company 2016.1.13)

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!
​ (フジヤエービック営業部ブログ 2016.1.13)

真空管アンプを持ち歩ける時代がくる? Nutubeの未来を探る
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2015.3.14)

Nutube開発者はなぜ真空管造りに蛍光表示管を選んだのか
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2015.2.28)

若手エンジニア語る、真空管への思いとNutube試作品の仕様
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2015.2.28)

「真空管はいいことない」―それでも「Nutube」が出た理由
(ASCII.jp 四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 2015.2.14)

Nutube、9月23日より一般販売開始!
ニュース

Nutube、9月23日より一般販売開始!

2016年3月から、法人向けのサンプル出荷は開始していましたが、Nutubeの量産体制も整い、いよいよ9月23日より一般向けに販売も開始致します。
Nutubeを取り入れることで、自作アンプ/エフェクターからオーディオ・クラフト等、ものづくりの可能性がさらに広がることでしょう。
Nutubeは、以下の小売店及びWEBショップにてお買い求め頂けます。

株式会社秋月電子通商
秋葉原店
WEBショップ

株式会社スイッチサイエンス
WEBショップ

共立電子産業株式会社
共立エレショップ
シリコンハウス
デジット

株式会社テクソル
WEBショップ

株式会社コルグ
コルグオンラインドットコム

Maker の祭典「Maker Faire Tokyo 2016」にてNutube先行販売決定!
イベント

Maker の祭典「Maker Faire Tokyo 2016」にてNutube先行販売決定!

8月6日より、東京ビックサイトで開催されるMakerの祭典「Maker Faire Tokyo 2016」に出展決定!

ブースにはNutube を使用したオーディオ・アンプやギター・アンプなど、実際にふれて試せる試作機を多数展示します。技術的にわからないことも、開発者が常駐していますので、直接アドバイスをさせていただきます。

さらに、Nutubeの一般正式販売に先駆けて、会場のみにて先行発売を行います!また、Nutubeヘッドホン・アンプ・キットの限定モニター販売も実施!こちらは、各日45台までとなっておりますので、お早めにどうぞ!

Maker Faire Tokyo でどこよりも早く「Nutube」を手に取り、新しいモノづくりの可能性を広げましょう。

Maker Faire Tokyo 2016

会期:8 月6 日(土)12:00~18:00/8 月7 日(日)10:00~17:00

場所:東京ビックサイト 西2 ホール スポンサーエリア内 F-01 12

入場料:前売 大人1,100 円 18 歳以下500 円/当日 大人1,500 円 18 歳以下700 円

イベント公式サイト http://makezine.jp/event/mft2016/

Nutubeヘッドホン・アンプ・キット
Nutubeヘッドホン・アンプ・キット

Maker Faire とは

地上最大の(DIY の)展示発表会です。家族で楽しめる、発明と創造と役に立つ情報がいっぱいの展示会であり、Maker ムーブメントのお祭りです。そこは人々が自分で作った物を見せ合う場所であり、自分が学んだことをシェアする場所でもあります。出展するMaker は、技術愛好家、クラフト作家、農家、科学者、ガレージの機械いじり愛好家など多岐にわたり、年齢も経歴もまちまちです。 Maker Faire の使命は、このコミュニティを、楽しませ、情報を提供し、結びつけ、より大きくすることにあります。