ニュース

KORG×Effector Book“Nutube自作エフェクターコンテスト”第二弾開催決定!!

2017年に開催し、20台を超える応募が集まったNutube自作エフェクター・コンテスト。ビルダーサミットの開催と合わせて大盛況を迎えたことも記憶に新しい。

その「Nutube自作エフェクター・コンテスト」が2019年第二回の開催が決定!今回は前回同様にNutubeを回路に使用したオリジナルのエフェクターを応募する「オリジナル部門」と、Nutubeエフェクター自作キット“Nu:tekt OD-KIT”を自分なりにアレンジ/モデファイした「Nu:tekt部門」の二部門での応募を受け付ける!

このNutube“6P1”はKORGのシンセサイザーはもちろん、VOXアンプの採用など各社がその魅力を追求した製品をリリースしている。オリジナル部門の応募者を検討している自作ファンは「最新の真空管だからできる!」というNutubeならではの回路で挑戦してもらいたい。また「自作はやったことあるけど真空管を使った回路設計はハードルが高い!」という自作ファンや「自作エフェクターって面白そう!」この機会にエフェクター製作をしてみよう!と思っているニュー・ビルダーのためにもNu:TektからリリースされているOD-KITをモデファイした回路で応募ができるぞ。OD-KITは取扱説明書どおりにはんだづけをすればNutube搭載エフェクターが完成してしまうというキットとなっており、サウンドもクリーン、オーヴァードライブ、ディストーションから選んで製作することが可能だ。まずは興味を持った自作ファンはこの部門の応募も面白くエフェクターを製作することができるだろう。

詳細な応募概要は下記に記しているので、エフェクターの自作に興味があるのであればぜひ参加を!!

■応募資格
Nutubeを搭載したエフェクターを設計、製作

■部門
・オリジナル部門
Nutubeを回路に使用した独自回路の楽器用エフェクターの設計/製作。
機能、動作による応募の制限はありません。

・Nu:Tekt部門
Nu:Tektのエフェクターキット“OD-KIT”を使用し、それをモデファイしてください。
新規回路の追加や削除、パーツの選定や変更、外装の変更までOD-KITをベースにしていればどのようなものでも該当致します。
https://www.nutekt.org/

■応募締め切り
2019年7月1日(月)必着

■応募方法
応募規定用紙に必要事項を記入し、エフェクター、回路図といっしょに下記まで応募ください。

〒206-0812
東京都稲城市矢野口4015-2
株式会社コルグ マーケティング部 Nutubeコンテスト2係

※応募規定用紙はこちらからダウンロード願います。

■審査員(予定)
Ovaltone
KarDiaN
Limetone Audio
エンドウ.
KORG Nutube開発チーム
Effector Book編集部

●オリジナル部門最優秀賞:1名
●Nu:Tekt部門最優秀賞:1名
●優秀賞:3名
※各賞の副賞は後日発表します。

応募者全員にNutubeビルダー・サミットご招待!

※お送りいただきましたエフェクターに関してはKORGサイト内、エフェクターブック誌面で公開致します。回路図の公開は致しません。
※制作していただいたエフェクターの回路の権利は製作者様に帰属致します。
※7月20日に実施されるNutubeビルダー・サミットは、今回の応募者、Nutube開発者、エフェクタービルダーを招いた交流会です。
※応募作品の送料は応募者様がご負担ください。返却はコルグよりお送り致します。

第一回コンテンストの応募作品はこちら